« 2016年2月 | メイン | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

外人さん③

 東南アジアに東ティモールという島国があります。聞き慣れない方も多いかと思いますが2002

年5月20日にインドネシアから独立した国です。私の娘は2002年5月20日生まれ。そう、東ティ

モールという国が生まれた同じ日に娘も生まれましたので、東ティモールにはとても親近感があり

ます。東南アジアには親日国が多いのですが東ティモールも同様で、東日本大震災の時には多

額の義援金を送っていただきました。建国以来、国外への義援金は初めてだったらしいのですが

東ティモールの方々の優しさがひしひしと伝わるエピソードです。その節は本当に有難うございま

した。

さて、その東ティモールにまつわる思い出。東ティモールと娘が3歳を迎えた2005年頃でしょう

か。妻の実家がある東広島市にある西条という駅の近くを歩いていた私に、東南アジア系の外人

さんが話しかけてきました。明らかに道を尋ねられる事を直感した私に約10年前の「ゴー ストレ

イト アンド ターン ライト」の苦い思い出が走馬灯のように頭を駆け巡ります。同じ失敗はするも

んか、と深呼吸を二つ。さぁ、何を聞いてもOKよ。うまく説明できなければ現地まで案内する位の

腹をくくった私に、予想通り外人さんが道を尋ねてきます。それが意外にもとても分かりやすい簡

潔な英語で、英語力の乏しい私にも「XX病院に行きたい」とはっきり理解できました。しかも目的

地のその病院、すぐ近くの説明しやすい位置にあります。(おい、ここはお前の腕の見せ所じゃ。

丁寧な英語で日本人の好感度を上げてみぃ)。私の中で天使がささやきます。そして私の口から

出た言葉は病院を指さし、ただ一言「オーバー ゼアー」(あちらです)。なんだ、たったそれだけか

よ 、とさぞかし天使もガッカリしたでしょうが、ここからがミソ。

 

目的地が分かった外人さん、自分は東ティモールから来たんだ、と身の上話を始めます。その発

音はつたないけどとても分かりやすいのです。(お前も何か言うんじゃ。今度は一言じゃあ許さん

けーのぉ)。再び天使が広島弁でささやきます。そして私、

「マイ ドーター ワズ ボーン オン ザ セイム デイ フェン ユア カントリー ワズ ボーン」

広島弁に直訳すると「わしの娘はあんたの国が生まれた同じ日にうまれたんじゃけーのぉ」。

同じくつたない英語ですが見事に通じました。会話はたったそれだけで、外人さんとはすぐに別れ

ましたが、満足度120%の私。「ワタシ ニホンゴ ヨク ワカリマセン」の呪縛からようやく解き放

たれて心の天使が拍手喝采。この程度で国際人の仲間入りでもした気分になっている単純な私

でした。その時の外人さん、元気にしていらっしゃいますでしょうか。

2016年3月30日 (水)

外人さん②

 これも横浜時代の話。横浜駅でタクシーを待つ大行列に並んでいた私に後ろの人が背中をつつ

くのです。誰だろうと思って振り返ると身長2メートル近い大きな外人さんが二人、にこりともせず

におっかない顔で目をぎらつかせながら「サキエ サキエ」と言うのです。はいはい、先へ詰めれ

ばいいんでしょう。言われる通り前の人に詰めるとその外人さん、まだつつくのです。振り返るとや

はり「サキエ サキエ」。

あなたたち私にどうしてほしいの。何言われてももうこれ以上先へは詰めれませんよ。そんなに先

へ行きたきゃお先にどうぞどうぞ。身長1メートル70cm以下の気弱な東洋人は、見上げるほどで

かい外人さんに恐れをなし、迷うことなく順番を前に譲りました。そしてその外人さんたちの順番

が来て、本当はこの車両に私が乗る予定だったんだけど、変なトラブルにならなくてあー良かった

と胸をなでおろしていた私に信じられない光景が飛び込みます。外人さんたち、タクシーに乗り込

む前に運転手さんにも「サキエ サキエ」て言ってるのです。もしかしてあなたたち、この運転手さ

んが嫌で次の車両に乗りたいから先へ行け、とわがまま言ってるんでしょ。そんなわがまま母国

では通じてもここは日本ですよ。と気弱な東洋人が心の中で喧嘩売ってると、運転手さんの次の

言葉に耳を疑いました。「ああ三溪園ね、はい乗ってください」。

オーマイガー!「サキエ サキエ」は「※三溪園 三溪園」だったのね。因縁つけられてたと誤解

してごめんなさい。ようやくタクシーに乗って安心してた私にふと素朴な疑問が二つ浮かびます。

外人さん、タクシーの運転手でもない私に何で三溪園に行きたい、と聞くの?そして運転手さん、

何ですぐ三溪園に行きたいと理解できたの?そんな野暮な疑問はすぐ忘れて、さすが横浜の

運転手さん、外人さんの扱いに慣れていらっしゃる、これぞ道案内のプロだ。と働く男の生き様

を肌で感じた気弱な東洋人は、また明日から今まで以上に仕事頑張ろう、と自分自身を奮い立た

せるのでした。

※横浜にある有名な庭園です。

2016年3月29日 (火)

外人さん①

こんにちは。桜の季節となってきました。この季節になるとつい、外をふらっと歩いてみたくなりま

すよね。そんな時に急に外人さんに道を尋ねられた経験は誰でも一度や二度はあるはずです。

そんな外人さんにまつわる思い出をご紹介します。

それは今から二十年以上前、まだ私が横浜に住んでいた頃の話。外を一人で歩いていると一人

の外人さんがこっちに向かって歩いてきます。容貌からして中東出身と思われるその外人さんが

立ち止って私に話しかけはじめます。「%&#&X¥*+・・・」。どうやら道を尋ねておられるような

のですが言葉がさっぱり分かりません。そうだ、こういう時はあれを使うしかない。とっさに私の口

から出たのは外人さんに道を教える際の決まり文句。そう、誰もが困った時に使う「ゴー ストレイ

ト アンド ターン ライト」。勿論、方向はデタラメだし外人さん、そもそもどこへ行きたいのかが理

解できない私。そして私の適当で拙い英語が理解できない外人さん。今度は少々ゆっくり大きな

声で身振りも交えて「ゴー ストレイト アンド ターン ライト OK?」。今度は通じただろうと内心

ほくそ笑む私に次の瞬間、外人さんから信じられない言葉が飛び出します。「ワタシ ニホンゴ ヨ

ク ワカリマセン」 

オーマイガー!あなた、人がありったけの英語力を駆使して片言で説明したのに、あろうことか日

本語と思ったの?しかもあなた、日本語しゃべれてるじゃない。それなら最初から何で日本語で聞

かないのよ。このモヤモヤした気持ちどうしてくれんのよ!腹たちながらも凹んだ状態でしばらく

歩いていた私、ふと我に返ると、もし私の英語が通じて本当に直進して右折してたら、あの外人さ

ん、とんでもない方向に行ってたかも、だから結果オーライ!と急にポジティブ思考になり、次に

出会う日本人が英語力のある方でありますように、と外人さんのご健康とご多幸を切に祈る私で

した。皆様は安易に根拠のない「ゴー ストレイト アンド ターン ライト」は使わず、分からなけれ

ば「アイム ソーリー」でその場をしのいでくださいませ。

2016年3月24日 (木)

もうすぐ春ですねぇ♪

おはようございます。

今朝は花冷えなのか、ここ数日に比べてぐっと冷え込んでいたので、震えながら会社に向かってバイクを走らせました。

 

私が通勤する際にいつも通る道は自然が多く、季節を多く感じることができます!

最近まで梅の花が満開でしたが、この所線路沿いやバイパス沿いに植えてある白や紫(ピンク?)のハナミズキの花が開き始めていたり、川沿いの桜cherryblossomの木々も少しずつ花を咲かせています!!

 

皆様のお住まいの方ではもう桜cherryblossomの開花宣言はなされたでしょうか?

広島は昨日発表がなされましたよ!!

例年より4日程早い発表だそうです。

 

春が少しずつ近づいていますhappy01

暖かくて過ごしやすい季節になってきます。

春が楽しみですね♪

2016年3月11日 (金)

5年

今日は3月11日です。

三陸沖で発生した地震によりもたらされた津波や水害、原子力発電所の事故などによって多くの方が被害にあわれた、あの「東日本大震災」から5年たちます。

 

上田昆布は三陸地方には縁が深い会社です。

当時、知らせを受けて、会社では慌ててテレビが付けられ、皆でニュースを見ていました。

あの光景を見て、私は頭の中に言葉が浮かばないくらいの衝撃を受けましたが、日々に追われ、いつの間にか5年もたってしまったのかと思いました。

被災された方にとってはそんな言葉どころの話ではないでしょうし、年月の経過などでは片付けられないのだと思いますが・・・。

 

私自身は多くのことを語れるわけではないですが、震災の犠牲となられた多くの方に対してご冥福をお祈り申し上げます。

また、今もなお被災されて避難生活を送られていたり、身の周りの環境が変わられた方々には1日でも早く復興を遂げられたり、心安らかな時を迎えることができるようになりますことを切に願っております。

 

(言葉足らずであったり、不適切な表現があったらすみません。)

2016年3月 5日 (土)

カエルも起き出してきそうな陽気

今日は土曜出勤の日でしたconfident

外は5月並の暖かさだそうで、仕事をするのに汗ばむくらいの陽気でしたsweat01

cherryblossomで有名な地域では、すでに花cuteが咲き始めていて、お花見をされているというニュースも見ましたよ。

 

昨日、3月5日は二十四節季のうちの「啓蟄」に当たります。

土の中で冬眠をしていたカエルや蛇、虫たちが、暖かくなってきたことで起き出してくる頃なのだそうです。

実際に虫たちが目を覚まし始めるのは、朝晩の寒さがもっとゆるんで、本格的に暖かくなってきてからなのだそうですが、季節的には今時期が区切りの一つのようです。

 

来週はまた寒の戻りがあるそうなのですが、これから雨が降るごとに気温が上がり、身体に受ける日差しも徐々に暖かくなって、「春」が近づいてきます。

早く縁側で日向ぼっこをしたり、道端や川沿いをブラッと散歩できるようになってほしいですhappy01

 

それと、今現在身の回りでインフルエンザが流行っています!!

皆様の周りではどうでしょうか??

暖かかったり、急に寒くなったり、最近本当に気候の変動が激しいです。

皆様、体調管理には気を付けて、お身体大事にして下さいねconfident