2016年6月15日 (水)

ツバメ

ブログに何度も書いていますが、私の通勤コースや会社周辺は自然がたくさんあります。

自生している植物tulipや手入れをされている花壇bud・庭を見て目の保養をするだけではなく、耳earでも癒しをもらっているのですよ!

 

朝、私は作業の準備をしたり、商品検査などを行っていますが、その時は特に周りも静かで、春は遠くからウグイスの鳴き声が聞こえていました。

ここ最近はというと、かわいらしい鳴き声が聞こえていたんですよ♪

その正体は「ツバメ」です!

近場にツバメが巣作りを好む場所があるのですが、毎年同じ場所に巣を作っていて、雛が3~4羽くらい巣立っています。

確か、去年は親鳥がそこに巣を作らなかったので、「今年も来ないかな??」と思っていたのですが、先月電線の上につがいで止まっているのを発見!

それからいつのもの場所にちょっとずつ巣が出来上がってきました。

そして、先月末か今月初め辺りにはかわいらしい雛の鳴き声が聞こえてきたんです!!

鳴き声が聞こえると、つい「どんなかな?」と覗いていたのですが、ここ数日バタバタしていて雛鳥を見るのを忘れていたら、今日他の方から「ツバメが巣立ったね。」と言われて巣立ちを知りました・・・weep

雛が巣立つまであっという間でした。

巣立ちの瞬間を見てみたかったです・・・。

 

梅雨明けして真夏になると、今度は癒し・・・とは言いがたいですが、セミの鳴き声がよく聞こえてきます。

最近は入道雲も出始めていますし、夏が段々と近づいてきていますね!!

2016年6月 6日 (月)

梅雨入りしましたね。

ここ数日、空気がしっとりひんやりしています。

 

この土日、上田昆布のある広島はぐずついた天気になりましたが、広島では4日、関東・甲信地方は本日梅雨入りrainしたようです。

 

これから梅雨明けまですっきりとした天気が減ってしまうので、バイク通勤の私は大変なのですが、通勤途中のバイパス沿いが今度は満開のアジサイcuteでいっぱいになっていて、憂鬱な気分を少しだけ明るくしてくれます。

 

そういえば、私が子供の頃、梅雨時期は何日もしとしとと雨が降り続いていて、「いつ雨がやむのかな?」とぼやいているような感じでしたが、今では「ゲリラ豪雨」と呼ばれるような突発的な集中豪雨が多くなっていますね。

こういう時に「世界の気候も変わってきているんだな・・・。」と思ってしまいます。

私的には昔の長雨の方が風流を感じます。

 

私は梅雨に入って新たな花を愛でたり昔を思い出したりしたのですが、皆さんは梅雨時期はどのように過ごされていますか?

2016年6月 2日 (木)

皆さんは見られましたか??

皆さんはここ数日度々ニュースで取り上げられていた「火星」を見られましたか?

 

5月31日は地球と火星がここ10年で一番接近する日だったのだそうです!

「スーパーマーズ」と言われるそうですが、夜空を見上げたら肉眼でもはっきり見えるものなので、月や星空が好きな私としては、ここ数日夜はとても楽しい時間を過ごしています。

 

火星は2年2ヶ月毎に地球に最接近するそうで、今回の明るさはマイナス2等星ととても明るく、大きさは一番小さく見える時に比べて3倍くらい大きく見えるそうです!!

 

ここ数日、日没少ししてからは南東の空、深夜には南の空の方に火星が見えています。

空を見上げると、3つの明るい星が集まっているのが目に付きます。

3つの中で最も明るい赤い天体が火星、最も暗い赤い天体はさそり座のアンタレス、もう1つは土星です。

そして、それとは別に西~北西の空の方に1つだけ輝いている星があるのですが、それは木星です。

 

もしも火星に興味を持たれた方がいましたら、まだ見ることができると思いますので、ぜひ夜空を見上げてみて下さい♪

2016年5月22日 (日)

季節の節目です。

5月ももう下旬ですね。

最近、時間がたつのが早く感じます…。

 

先日の5月20日は二十四節季の「小満」に当たる日でした。

「小満」…聞きなれない言葉ですよね。

「陽気がよくなり、草木など全ての生物が次第に成長していき、天地に満ち始めること」なのだそうです。

「立夏」とはまた別の「季節の節目の一つ」になるそうです。

 

3月24日にブログに書きましたが、私が通勤する際にいつも通る道は自然が多いのですが、あの頃は桜がきれいだったのですが、今はオレンジや赤紫の花などを見かけるようになりました!

花や緑の色も変わってきていて、通勤途中に見ていると楽しくなります♪

(一応、ちゃんと安全運転はしていますよ!)

 

そして、この所日中は夏のような暑さになっているので、夏が近づいているんだなぁ…と思うようになりました。

ただ、この所日の出が早くなってきているので、今までより少し早めに起きて、プランターの手入れや水やりをしてから家を出るようにしていますが、手入れをしている時間や通勤時間はまだまだ肌寒く感じるので、夏本番はまだ少し先なのだと思います。

 

気候がいい今の時期、皆さんはどう過ごされていますか?

2016年4月30日 (土)

ゴールデンウイーク

皆様、よい土曜日を過ごされているでしょうか?

 

もうゴールデンウイークのお休みに突入されましたか?

今年のゴールデンウイークは、長い方で10日くらいあるようですね!!

うらやましいです…confident

 

今は北海道など北日本の方では急に寒くなり、雪snowが降ったりしている地域もあるようですね。

それにゴールデンウイークの後半の方では全国的に天気が悪くなる時期があるという予報を目にしました。

 

皆様色々な過ごし方があると思いますが、このお休みを大切に過ごされてくださいね!

そして、もしもどこかお出掛けの際におやつなどを持って行くことがありましたら、ぜひ上田昆布の商品をよろしくお願いしますhappy02

2016年4月18日 (月)

心よりお祈り申し上げます。

九州地方・・・特に熊本にお住まいの皆様、14日の夜に大規模な地震が発生しましたが、今もなお余震が続いている状態で、不安な時間を過ごされているかと思います。

このブログを見れない方も多いかと思います。

 

地震が起こった当時、私は洗濯物を干している最中だったのですが、マンションのそこそこ高層階にいるため、思いの他揺れて、慌ててテレビをつけました。

ですが、震源地はそれどころではない状態だと思い知りました・・・。

実際に被災された方の心中や過酷な状況は、体感していない私にはちゃんとした言葉で表すことができないのですが、ニュースで報道される被害状況を目の当たりにすると、本当に「自然」というものは恐ろしいものなんだな、と感じてしまいます。

上田昆布は普段「昆布」という自然の恩恵を受けたものを扱っているので、「自然」を身近に感じて過ごしているはずなのですが、・・・やはり、「自然」の違う姿を目の当たりにすると萎縮してしまいますね。

 

実は私は以前鹿児島に6年住んでいたことがありますし、熊本県を含めて九州出身の友人が何人もいるので、今回の地震はいつもより気になる事柄なのです・・・。

今回「2016年熊本地震」が発生し、亡くなられた方々もいらっしゃいます。

その方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された皆様が1日でも早く心穏やかな日々を過ごせるよう重ねてお祈り申し上げます。

2016年4月 8日 (金)

新年度

 今年も新年度を迎えました。昨年は当社創業100周年の記念すべき年、全国にいらっしゃる当

社商品のファンの方々の支えなくしては語れない100年です。本当に有難うございます。そしてこ

れからも当社商品をご愛顧賜りますようどうぞ宜しくお願い致します。

 

 さて、4月1日は全国の企業で入社式が行われたと思います。当社でも昨年に続きフレッシュな

仲間が入社しました。全国の新入社員の皆様は不安と期待の入り交じった複雑な思いでこの日

を迎えられたと思います。あまり肩に力を入れず、初心を忘れることなくお仕事ぜひとも頑張って

ください。

 

当社は広島市の商工センターという場所にある「食品団地」の一角にあり、周囲には色んな食品

メーカーさんがあります。私の中で毎年この時期の夕方の風物詩となっている風景をご紹介しま

しょう。

 

当社の近くに某食品メーカーさんがあり、そこの新入社員さんが夕方、研修か業務を終えて同期

同士で男女を問わず集団で駅に向かって帰社されます。緊張から解放されて同期で話がはずむ

のでしょう。どんな話をされているか分かりませんが、毎年の光景ながら見ていてとても微笑まし

いのです。自分たちも新人の頃は着慣れないスーツ姿で最初はこのようにいつも集団行動だった

よなぁ、って感じで。きっとこういう光景は全国至る所で見られると思います。皆さんのフレッシュ

なパワーをいただいて我々おじさん世代もまだまだ頑張りますよー。 

 

2016年3月31日 (木)

外人さん③

 東南アジアに東ティモールという島国があります。聞き慣れない方も多いかと思いますが2002

年5月20日にインドネシアから独立した国です。私の娘は2002年5月20日生まれ。そう、東ティ

モールという国が生まれた同じ日に娘も生まれましたので、東ティモールにはとても親近感があり

ます。東南アジアには親日国が多いのですが東ティモールも同様で、東日本大震災の時には多

額の義援金を送っていただきました。建国以来、国外への義援金は初めてだったらしいのですが

東ティモールの方々の優しさがひしひしと伝わるエピソードです。その節は本当に有難うございま

した。

さて、その東ティモールにまつわる思い出。東ティモールと娘が3歳を迎えた2005年頃でしょう

か。妻の実家がある東広島市にある西条という駅の近くを歩いていた私に、東南アジア系の外人

さんが話しかけてきました。明らかに道を尋ねられる事を直感した私に約10年前の「ゴー ストレ

イト アンド ターン ライト」の苦い思い出が走馬灯のように頭を駆け巡ります。同じ失敗はするも

んか、と深呼吸を二つ。さぁ、何を聞いてもOKよ。うまく説明できなければ現地まで案内する位の

腹をくくった私に、予想通り外人さんが道を尋ねてきます。それが意外にもとても分かりやすい簡

潔な英語で、英語力の乏しい私にも「XX病院に行きたい」とはっきり理解できました。しかも目的

地のその病院、すぐ近くの説明しやすい位置にあります。(おい、ここはお前の腕の見せ所じゃ。

丁寧な英語で日本人の好感度を上げてみぃ)。私の中で天使がささやきます。そして私の口から

出た言葉は病院を指さし、ただ一言「オーバー ゼアー」(あちらです)。なんだ、たったそれだけか

よ 、とさぞかし天使もガッカリしたでしょうが、ここからがミソ。

 

目的地が分かった外人さん、自分は東ティモールから来たんだ、と身の上話を始めます。その発

音はつたないけどとても分かりやすいのです。(お前も何か言うんじゃ。今度は一言じゃあ許さん

けーのぉ)。再び天使が広島弁でささやきます。そして私、

「マイ ドーター ワズ ボーン オン ザ セイム デイ フェン ユア カントリー ワズ ボーン」

広島弁に直訳すると「わしの娘はあんたの国が生まれた同じ日にうまれたんじゃけーのぉ」。

同じくつたない英語ですが見事に通じました。会話はたったそれだけで、外人さんとはすぐに別れ

ましたが、満足度120%の私。「ワタシ ニホンゴ ヨク ワカリマセン」の呪縛からようやく解き放

たれて心の天使が拍手喝采。この程度で国際人の仲間入りでもした気分になっている単純な私

でした。その時の外人さん、元気にしていらっしゃいますでしょうか。

2016年3月30日 (水)

外人さん②

 これも横浜時代の話。横浜駅でタクシーを待つ大行列に並んでいた私に後ろの人が背中をつつ

くのです。誰だろうと思って振り返ると身長2メートル近い大きな外人さんが二人、にこりともせず

におっかない顔で目をぎらつかせながら「サキエ サキエ」と言うのです。はいはい、先へ詰めれ

ばいいんでしょう。言われる通り前の人に詰めるとその外人さん、まだつつくのです。振り返るとや

はり「サキエ サキエ」。

あなたたち私にどうしてほしいの。何言われてももうこれ以上先へは詰めれませんよ。そんなに先

へ行きたきゃお先にどうぞどうぞ。身長1メートル70cm以下の気弱な東洋人は、見上げるほどで

かい外人さんに恐れをなし、迷うことなく順番を前に譲りました。そしてその外人さんたちの順番

が来て、本当はこの車両に私が乗る予定だったんだけど、変なトラブルにならなくてあー良かった

と胸をなでおろしていた私に信じられない光景が飛び込みます。外人さんたち、タクシーに乗り込

む前に運転手さんにも「サキエ サキエ」て言ってるのです。もしかしてあなたたち、この運転手さ

んが嫌で次の車両に乗りたいから先へ行け、とわがまま言ってるんでしょ。そんなわがまま母国

では通じてもここは日本ですよ。と気弱な東洋人が心の中で喧嘩売ってると、運転手さんの次の

言葉に耳を疑いました。「ああ三溪園ね、はい乗ってください」。

オーマイガー!「サキエ サキエ」は「※三溪園 三溪園」だったのね。因縁つけられてたと誤解

してごめんなさい。ようやくタクシーに乗って安心してた私にふと素朴な疑問が二つ浮かびます。

外人さん、タクシーの運転手でもない私に何で三溪園に行きたい、と聞くの?そして運転手さん、

何ですぐ三溪園に行きたいと理解できたの?そんな野暮な疑問はすぐ忘れて、さすが横浜の

運転手さん、外人さんの扱いに慣れていらっしゃる、これぞ道案内のプロだ。と働く男の生き様

を肌で感じた気弱な東洋人は、また明日から今まで以上に仕事頑張ろう、と自分自身を奮い立た

せるのでした。

※横浜にある有名な庭園です。

2016年3月29日 (火)

外人さん①

こんにちは。桜の季節となってきました。この季節になるとつい、外をふらっと歩いてみたくなりま

すよね。そんな時に急に外人さんに道を尋ねられた経験は誰でも一度や二度はあるはずです。

そんな外人さんにまつわる思い出をご紹介します。

それは今から二十年以上前、まだ私が横浜に住んでいた頃の話。外を一人で歩いていると一人

の外人さんがこっちに向かって歩いてきます。容貌からして中東出身と思われるその外人さんが

立ち止って私に話しかけはじめます。「%&#&X¥*+・・・」。どうやら道を尋ねておられるような

のですが言葉がさっぱり分かりません。そうだ、こういう時はあれを使うしかない。とっさに私の口

から出たのは外人さんに道を教える際の決まり文句。そう、誰もが困った時に使う「ゴー ストレイ

ト アンド ターン ライト」。勿論、方向はデタラメだし外人さん、そもそもどこへ行きたいのかが理

解できない私。そして私の適当で拙い英語が理解できない外人さん。今度は少々ゆっくり大きな

声で身振りも交えて「ゴー ストレイト アンド ターン ライト OK?」。今度は通じただろうと内心

ほくそ笑む私に次の瞬間、外人さんから信じられない言葉が飛び出します。「ワタシ ニホンゴ ヨ

ク ワカリマセン」 

オーマイガー!あなた、人がありったけの英語力を駆使して片言で説明したのに、あろうことか日

本語と思ったの?しかもあなた、日本語しゃべれてるじゃない。それなら最初から何で日本語で聞

かないのよ。このモヤモヤした気持ちどうしてくれんのよ!腹たちながらも凹んだ状態でしばらく

歩いていた私、ふと我に返ると、もし私の英語が通じて本当に直進して右折してたら、あの外人さ

ん、とんでもない方向に行ってたかも、だから結果オーライ!と急にポジティブ思考になり、次に

出会う日本人が英語力のある方でありますように、と外人さんのご健康とご多幸を切に祈る私で

した。皆様は安易に根拠のない「ゴー ストレイト アンド ターン ライト」は使わず、分からなけれ

ば「アイム ソーリー」でその場をしのいでくださいませ。